スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リユース(再利用)の歴史・現状

日本での古着の歴史は古く、室町時代の絵画にも古着屋が描かれています。
江戸時代には世界トップクラスの古着社会が実現していました。

日本は古着先進国だったのです。

ところが、

戦後 「使い捨て社会」 が定着すると、古着文化は 一瞬で崩壊。

現在、日本の 古着利用率は 10%(!)

資源や燃料としてリサイクルされる古着を含めても20%で、

 80%は 焼却処分  されています

綺麗な服、おしゃれな帽子が ボンボン燃やされています。
当然、焼却によってCO2も バンバン発生しています。

※ドイツでは衣料品の40%が古着として再利用され、
その他の欧米各国でも30%以上が古着として流通しています。
  リサイクルを含めた再資源化率は実に70~80%(!)に達します。


いつの間にか、日本は立派な 古着後進国 になってしまいました。


古着ブームと騒がれても実際の国内利用率は1%程度で、
「古着なんか買ったことない」 人が沢山いるのが現状です。

<激安古着>イエローガエルは激安・大量販売を通じて、
持続可能な循環型社会の実現に貢献していきたいと考えています。

素敵なデザインのブランド服も、縫製がしっかりとしたワンピースも、
燃やせば全てが終わりです。

人と古着の橋渡しが、イエローガエルの仕事なのです。



3R
関連記事

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

http://gaeru.blog.fc2.com/tb.php/21-938e5508

この記事へのトラックバック:

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。